職場確認なしの消費者金融は派遣社員の方も利用できる

派遣社員の方がローン利用する場合の職場連絡はどうなっている?

 

派遣社員の方が消費者金融を利用するとき、職場確認を受けることになります。
派遣先ではなく派遣会社に連絡が行くので、勤務先は派遣会社の名称を記入しておきましょう。
消費者金融の審査では、収入証明を不要とするところもありますが、基本的に本人確認と職場確認はあります。
職場確認なしで借りられる方は、極めて信用性が高い、または希望額が非常に少ないような場合でしょう。
高額の借入を希望する方ほど審査基準は厳格となり、職場確認なしで借りることは難しくなります。
一般的には50万円を超えると、高い信用力を求められるようになります。
確実に借りたい方は、50万円以下で申し込みするのがいいでしょう。
年収の3分の1を超えた希望額で申し込みすると審査に通らないので注意が必要です。

 

職場確認なしで借りるコツとは

 

確実に職場確認なしで借りる王道パターンはありませんが、確認なしで借りられる可能性を高める方法はあります。
それは消費者金融の最低融資額で申し込みをすることです。
1万円〜500万円対応のローンならば、1万円で申し込みするのです。
消費者金融としても1万円なら職場確認なしで融資してもいいと考えるところがあります。
確認なしで借りることができたら、あとは毎月着実に返済を続けていきましょう。
半年くらい遅延をしなければ、増額をしてくれる可能性が高いのです。
基本的に増枠をするときは、職場に連絡が行くことはありません。
最小限の借入をしてから、コツコツと信用を構築していく借り方ならば、職場連絡を回避できる可能性もあります。