消費者金融からの電話確認なしはありえないけど職場にバレない方法

今月なにかとものいり、急な結婚式でお祝いが、等々急な出費があるときに助かるのが消費者金融。
以前のダークなイメージは、昨今の企業努力と銀行バックアップで幾分クリーンになったと思います。
でも、まだまだオープンにできないのも事実です。
そんな内緒にしたいことだけど、どうしても避けられないのが電話での確認です。
電話確認なしでは、在籍は自宅居住の確認が取れないからです。
そういった意味でも、自宅や職場への電話確認なしというような消費者金融はないでしょう。
職場への電話確認なしは難しいので、どうしたらバレないかというと、その辺は消費者金融も考えてくれてます。
まず消費者金融の会社名は名乗りません。
基本的には個人名称で電話があります。
いきなり会社に個人名で電話がかかるのはまずいという方は、何時ごろに電話をかけてもらうかを確認し、そのタイミングでかかってきた電話を本人が取れば大丈夫でしょう。
職場よりもかかってきてまずいかもしれないのが自宅です。
自宅で奥さんが電話を取った場合、個人名で業務的な口調であれば、勘のいい奥さんならわかってしまいます。
そこを避けるためには、固定電話の番号ではなく個人携帯で申請することです。
最近の消費者金融の契約では、個人携帯の記入だけでも申請は可能です。
個人の携帯であれば、いつかかってきても対応できますし、最近では、個人携帯にかけて欲しくない時間帯もお願いすることができます。
こういったことを駆使すれば、バレない契約も可能になってくるでしょう。

しかしながら、バレたくないということは秘密を作るということです。
色々と問題になるケースもありますので、ご利用する際にはしっかりと考えて計画的に行動してください。