職場連絡なしでキャッシングはできるのか。フリーランスの場合は

キャッシングとはなにか

キャッシングは消費者金融が提供している個人向けの小口融資サービスのことを指します。

消費者金融のメリットとしては比較的、低い信用力でも利用することが可能で、フリーランスでも条件を満たすことで利用することができます。

一方でデメリットとしては金利が高いという点です。
銀行のカードローンもローン商品の中では高い方に入りますが、消費者金融の場合にはそれらより高く初回の借入れであれば年率18%程度の利息が必要になります。

ただし、金利はその人の信用力によって変わってきますし、継続的に利用することで信用力を高めることができ金利を引き下げてもらったり融資限度額の増額を行ってもらうことが可能です。

フリーランスの場合のキャッシング

消費者金融にしても、銀行にしてもローンサービスを利用する場合には審査を受ける必要があります。
ここでネックになるのが職場連絡です。
職場連絡なしで利用できる場合もありますが、その場合には条件が厳しくなります。

一方で職業といってもさまざまで、フリーランスという職もあります。
この場合、会社には所属していないため職場連絡をすることができません。
このため審査では本人の所得で判断することになり、職場連絡なしでの審査となります。

ただフリーランスの場合には消費者金融よりも事業者金融の方が審査に通る可能性があります。
事業者金融では事業者を対象に融資をしているので、もとから職場連絡なしで借りることができます。